昔の立ち合いは手をついていない?

テレビ、ネット動画等で、しばしば70年代頃の相撲の映像が流れると、

「昔の相撲って、全然手をついてなんじゃない?」

という声が聞かれる。

昔といっても、いつの昔かが問題になる。

◎きっちり手をついていた時代 

双葉山時代の1943年夏場所千秋楽、双葉山照国(DVD「映像で見る国技大相撲」ベースボール・マガジン社/18巻より画面を撮影)

相手の動きを見ながら片方づつ手を下ろし

両手を着き

立ち上がる

この1942年春・千秋楽の安芸ノ海(右)のように、片手だけをつく立ち合いもないではなかったが、この頃はとにかくも手をついていた。相手は照国。

立ち合いを乱した元凶」栃錦 

手をつかない立ち合いの「創始者」は横綱栃錦(右)だと言われる。1955年春。相手は初代若乃花(「映像で見る国技大相撲」19巻)。

栃錦の立ち合いはまだ低かったが、栃錦に好意的だった評論家・彦山光三氏も「立ち合いを乱した元凶」と厳しい評を下しているという。

中腰立ちの時代 

柏鵬時代あたりになると「中腰立ち」が当たり前になる。大鵬(左)-佐田の山。1962年秋優勝決定戦(「大相撲名力士風雲録・大鵬」ベースボール・マガジン社)

1979年初十四日目、二代若乃花(左)-北の湖

千代の富士(右)は手をつかない場合でも低く当たっていた(概ね一瞬でもついていたと思う)1981年春。相手は北の湖(「大相撲名力士風雲録・北の湖」)。

◎《立ち合い講習会》以後 

手をつかない立ち合い、中腰立ちが批判、問題視されるようになり、1984年に協会は立ち合い講習会を開き、以後、中腰はもちろん、手をつかない立ち合い、土俵を一瞬叩くだけの立ち合いは認められないこととなった。いわゆる「手つき不十分」の立ち合いに「行司待った」がかかり、やり直しを命じられるようになったのは、それから。

1988年九州、千代の富士陣岳。講習会以後は誰もが手をつくようになった(横綱千代の富士 前人未到一〇四五勝の記録」NHKエンタープライズ)。

陸上のスタートダッシュと同じで、手をついて低く構えたほうが、スピードと威力は増すという。

なお、前に紹介した明治期の相撲映像だが、このように指をつくこともあったようだ(コメント欄で御指摘いただいて気が付いた)本当に陸上のスタートのようだ。利根川(左)-野州山(「映像で見る国技大相撲」)19巻)。

弊害も指摘されるようにはなっている。

 ↓ ↓ ↓

大相撲で続出する立ち合い不成立 力士 行司 審判部の共通認識が必要に

私は、手はつくべきだと思っているが、「今のはなぜ止めた?」と思うケースが散見されるのも事実。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。